笑顔の女性

カラコンの選び方

何千と言っていいほどカラコンはあります。そんな中で自分にあったカラコンを選ぶのは至難の業。カラコン初心者のためにどうやって選んだらいいのかを伝授します!知らない人には必見!

カラコンを入れている女性

カラコンの種類

カラコンにはたくさんの種類があります。その種類をわかっていないと目がいたくなったり充血してしまったりと大変なことになってしまうかもしれません。カラコン初心者は確認しておきましょう。

こちらを見つめる女性

カラコンの使用期限

カラコンには使用期限があります。これを無視して使っていると大変なことになるかもしれません。そんな使用期限について詳しく知らない人のためにわかりやすく案内しています。

ショートカットの女性

「最近の人気のカラコン事情!知らなきゃ損することいっぱい!」の記事一覧です。

カラコン事情

女性の片目

今の女性であれば今当たり前のように使用しているカラーコンタクトレンズ。略してカラコン。そのカラコンの歴史は実はかなり古いです。そもそも、コンタクトレンズを発明した人は誰かご存知でしょうか?あまり知られてはいないのですが、かの天才画家のレオナルド・ディ・セル・ピエーロ・ダ・ヴィンチだと言われています。
1508年に水を張ったガラス製のボウルに顔を付け、目を開けると外の見え方が変わることを発見したところから始まりました。彼は芸術のみにならず、人体の解剖学にも興味があったとされており、目についても研究していたのではないかと言われています。その後1887年にダ・ヴィンチが考えた理論をもとにオーゲン・フィックという人物がガラス製のレンズを目に装着することを思いつき実験にはいりました。このことを『Eine kontactbrille」という本に残したことから「kontactbrille」がコンタクトレンズの由来となったと言われています。
そして同じころに、アウグスト・ミューラーという人が自作のレンズを作成し実際に自分の目に入れてみたところ、30分は我慢できたそうですが目が痛んだり充血したりでつけていられなかったそうです。それでガラスを使うのは諦め、1934年に生まれたプラスチックに改良を加え1938年にポリチルメタクリレートと呼ばれるものを発明しました。これがハードコンタクトレンズの原型となったものです。その後に改良に改良を重ね今のコンタクトレンズが完成しました。なのでもし、ダ・ヴィンチが初めに水を張ったガラスのボウルの中に顔を突っ込んでいなければ発見していなかったかもしれないコンタクトレンズ。今では当たり前のように使われていますが、彼の発見により今のコンタクトレンズがあったと言っても過言ではないでしょう。